iQOS(アイコス)とglo(グロー)を比較したらおすすめポイントでどっちがいいの?

iqos-vs-glo
加熱式タバコの市場が今後もどんどん大きくなりますね。
普通の紙巻きタバコよりも体への害が減ったり、副流煙が少ないといった、周りへの配慮もできる事から需要は増え続けると思います。
そんな中でどの加熱式タバコを選択するべきか悩む方も多いと思います。
今回はiQOS(アイコス)glo(グロー)を比較してみます。
味やフレーバーといった個人差のある部分ではなく、コスパや性能に焦点を当てて比較していきます。
新型で登場したiQOS 2.4Plusにも注目してみました。

SPONSORED LINK

iQOS(アイコス)とglo(グロー)のコスパ比較

商品名 iQOS(アイコス) glo(グロー)
本体価格 9,980円
(2.4 Plus)10,980円
8,000円
専用たばこ価格 460円(20本) 420円(20本)

後発のglo(グロー)の方が価格を下げて、普及を最優先させる事に専念しているようです。

本体価格はiQOS(アイコス)のキャンペーン等でも変わるので、一概に比較は難しいです。
でも、加熱式たばこは性質上、消耗品なのは間違いありません。
買い換える事も視野に入れれば、定価が安い方が良いですね。

専用たばこの価格には大きな差が開きました。
どちらも同じ本数なので40円という価格差は大きいのではないでしょうか?

1日20本の喫煙の方だと、月に40円×30日=1200円ほどの差が出ます。
年間だと14400円の差になります。

コスパの比較ではglo(グロー)が優位ですね。

iQOS(アイコス)とglo(グロー)のデザイン比較


新型iQOS 2.4 Plusでは若干のデザインやカラーが進化しました。
iqos
バッテリーと加熱システムが分離式のiQOS(アイコス)

glo
バッテリーと加熱システムが一体型のglo(グロー)

どちらも新型たばことしての先進的なデザインに仕上がっています。
一番の違いは加熱システムが分離型になっている点ですね。

iQOS(アイコス)とglo(グロー)の携帯性

常に持ち歩く物として、デザイン性だけでなく携帯性も重要なポイントです。

iqos_2
iQOS(アイコス)は本体の重さが120gほど。
専用たばこ(ヒートスティック)は紙巻きたばこよりも一回り小さくなっています。
専用たばこの大きさもスマートになっていて、高級ライターと紙巻きたばこを持ち歩いていた人ならば似た感覚で携帯できると思います。

glo_2
glo(グロー)は本体の重さが100gほど。
専用たばこ(ネオスティック)は紙巻きたばこと同程度。
本体の大きさに差はほとんどありませんが、専用たばこの大きさが、glo(グロー)の方だと普通の紙巻きたばこ程度なので、常に2箱のたばこを持ち歩く感覚に近いかもしれませんね。

iQOS(アイコス)とglo(グロー)の性能比較

商品名 iQOS(アイコス) glo(グロー)
バッテリー容量 本体:2,900mAh
ホルダー:120mAh
3,200mAh
充電時間 本体:約90分
ホルダー:約3分
ホルダー(2.4 Plus):約2分
平均3時間
加熱待機時間 約20秒 約40秒
喫煙可能時間 約6分 or 14回 約3分
喫煙可能本数 20本~40本 30本~35本
必要電力 5V・2A・10W
寿命 チャージャー:約400回の充電
ホルダー:約7,300回の充電
端子 microUSB microUSB

やはりバッテリーを利用する物なので消耗品なのは仕方ないですね。

iQOS 2.4 Plusで進化したポイント

2017年3月3日に発売された新型iQOS 2.4 Plusの旧型iQOSからの進化点を見てみましょう。

  • ホルダー充電時間が20%短縮
  • LEDライトが高輝度白色に変更
  • 通知バイブレーター機能の搭載
  • 加熱ブレードが汚れにくく進化
  • チャージャーの蓋の強化

旧型iQOSと新型iQOS 2.4 Plusを比較して、目を引くのは「充電時間の短縮」「通知バイブ」「ブレード進化」です。
度々不満点として言われていた連続吸いができないことが少しだけ解消し、いつ吸い終わったかわからないという煩わしさからも開放され、クリーニング性能の向上したブレードというわけです。
見た目や重量はほとんど変わらず、価格も1000円程度の値上げに留まりました。
正統進化したiQOSと言えますね。

iQOS(アイコス)とglo(グロー)の使い方比較

iqos_tsukaikata
iQOS(アイコス)の本体を充電し、ホルダーの充電も完了したら、ヒートスティックを差し込んで電源ボタンを長押しします。
約20秒後に緑のライトが点滅から点灯に変わると喫煙可能状態になります。
6分もしくは14回の吸引で終了です。
緑のライトがオレンジ色に変わると残り30秒もしくは2回の吸引の合図になっています。
また、新型iQOS 2.4 Plusでは通知バイブレーション機能が搭載され、電源ON時と、残り2吸いまたは30秒前時にバイブレーションする機能が追加されました。

glo_tsukaikata
glo(グロー)本体にネオスティックを差し込み、ボタンを長押しするとバイブレーションします。
約40秒後にもう一度バイブレーションすると喫煙可能状態になります。
約3分で吸引終了です。
残りわずかのタイミングで再度バイブレーションが作動し、ボタンの光が消えるまで吸引可能の合図になっています。

また、どちらも充電はmicroUSBに対応しているので、新たに充電を考慮する必要はありません。

iQOS(アイコス)とglo(グロー)のメリットとデメリット

glo_clean
先発のiQOS(アイコス)に向けられる不満点を、後発となるglo(グロー)は改善できるでしょうか。
今回はglo(グロー)目線から比べてiQOS(アイコス)よりも良いところと悪いところをピックアップします。

glo(グロー)のメリット

専用タバコ「ネオスティック」が安い

一箱につき40円の価格差は大きいですね。
一日一箱ペースの人なら、10日もすれば400円の差がつきます。
コスパ重視ならglo(グロー)に軍配が上がります。

連続吸いができる

一本吸って、次に吸えるまでの必要時間は、iQOS(アイコス)がホルダー充電と加熱時間を合わせると最短で3分20秒ほど。
しかしglo(グロー)ならば最短で40秒の加熱時間だけで二本目が吸えます。
ヘビースモーカーならglo(グロー)に軍配が上がります。

メンテナンスが行いやすい

iQOS(アイコス)の大きな問題点の一つにクリーニングやメンテナンスの煩雑さがあります。
付属のブラシだけでは綺麗にならず、爪楊枝や綿棒などを駆使する事になります。
対するglo(グロー)も、付属のブラシがあります。
クリーニングの方法が簡単で、挿入部と下部フラップを外して両方からクリーニングできる仕様になっています。
毎日行う事なので、手軽さ重視ならglo(グロー)に軍配が上がります。

glo(グロー)のデメリット

一回の喫煙可能時間が3分間

ゆっくりとした一服をするには少々短い時間設定になっています。
iQOS(アイコス)が最長6分なので、およそ半分の時間しか喫煙時間がありません。
個人差はありますが、落ち着いた喫煙ならiQOS(アイコス)に軍配が上がります。

携帯性が低い

iQOS(アイコス)のヒートスティックのコンパクトさに慣れてしまうと、ネオスティックの通常タバコサイズは大きく感じます。
本体とタバコを常にセットで持ち歩く事を考えると、今までのタバコとほぼ同様に扱えるiQOS(アイコス)に軍配が上がります。

吸い殻が大きい

通常のタバコのサイズがそのまま吸い殻になります。
普通の灰皿では役不足になる可能性もあります。
さらに、多く出回っている携帯灰皿の規格では入らない事もあります。
ゴミを減らしたいエコな人ならiQOS(アイコス)に軍配が上がります。

バッテリーが邪魔

glo(グロー)の喫煙は本体ごと口元に近づける事になります。
何かをしながらタバコを味わうには、やや邪魔に感じるかもしれません。
ただしiQOS(アイコス)も咥えタバコはできませんが、ペンのように扱う事はできます。
タバコを少しでもスマートに吸うならiQOS(アイコス)に軍配が上がります。

電子タバコは健康被害がないのか?


元々iQOSの登場した時には「煙の害が少ない」というメリットに注目が集まり、人気になった経緯があります。もちろんですが、電子タバコはiQOSにしてもgloにしてもきちんと健康に影響があるという表記があります。

今後の電子タバコはより健康被害の少ない仕様へと変化していく事は明白です。電子タバコを利用した減煙から禁煙へと繋げたいと思っている方には、ニコチン・タールがゼロの物に移り変わると思います。そんな中でより注目されるビタミンの電子タバコに挑戦してみました。

私が吸うミストサプリ『C-tec』を選んだのは、数少ない「プルームテック互換バッテリー」という強みと「有害成分含有量ゼロ」という安心感。さらに「圧倒的なコスパ」があったからです。他のビタミン配合電子タバコに比べて、デザインもプルームテック同等に仕上がっており、公式ショップが存在するので利便性の高さも考慮しました。類似品のように微量のニコチンが含まれる事も絶対にないという安心感は大きいです。

ビタミン電子タバコのコスパ比較

私が購入したビタミン配合の電子タバコは1個で400回使えるカートリッジが5本セットなので2000吸いできて2000円。1吸い1円ほどのコスパになります。

iQOSの場合は1本で14吸いできて20本入りなので280吸いで460円です。1吸い1.64円ほどのコスパになります。gloは1吸いの概念がないですが、通常のたばこ通りのコスパに落ち着いています。

似たようなプルームテックだとカートリッジ1本で50パフの物が5本セットなので250パフで460円です。1パフ1.84円ほどのコスパになります。

一回吸う度にこれだけ金銭面に影響してくるという事です。さらに、たばこの増税が行われた時には、ニコチンの配合製品はさらにコスパが悪くなるので、禁煙を検討する方ならば早い段階で移行がおすすめです。

まとめ

glo(グロー)は全世界に先駆けて、日本の仙台にて2016年12月12日より発売となるほど、日本の加熱式たばこは激戦時代に突入します。
「次世代たばこ・新型たばこ」として今後も様々な進化をしていくと思いますので、今後の動向にも目が離せません。

次世代タバコ等のさらに詳しいコスパ比較も追って調査していきます。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る