スマホ値下がり時期のタイミングから買い時を探ってみた

smartphone-407152_1280
スマホって発売日からどのぐらいすれば一番安く買えますか?ってよく聞かれます。
最近は特にお増えていて、そうですねぇ、雨の降る日は必ず聞かれます。ええ冗談です。
ということでスマホの買い時はいつなのか!値下がりするタイミングは見抜けるのか!ガジェット戦国時代を生きる全てのガジェッターに捧げる「スマホの買い時」についてちょっと調べてみました。
シチュエーションとしては最新スマホの値下がりタイミングを見つけて買いどきを探る方法ですね。

SPONSORED LINK

値下げを待ったら販売終了

スマホでは各社とも販売予定数を見込んで生産しており、在庫がなくなり次第「販売終了」というケースが多くなってきました。
値下げを待っていたら次のモデルが発表されてしまうことも多いので、どうしてもほしい機種があった場合は買い時は常に今ということになりますね。
仕入れた数から見て、思ったほど売れない機種に値下げの波はやってくるようですが、お目が高いあなたの狙っている機種はきっと大幅な値下げは行われないかもしれません。

月サポ割の実質0円と一括0円

2年使わないと元がとれない仕組みですが、実質0円が最新スマホの最安値だと言えるかもしれません。
もちろんそれよりもお得な「一括0円」がありますが、その対象となる機種はごくわずかなので、お目が高いあなたの狙っている機種は(略

実質0円

たとえば本体代金95,760円を分割購入24回払いだとすると95,760÷24=3,990円になります。
ドコモの場合月々サポートが3,990円なので、毎月3,990円の分割料金をそのまま引いて実質0円となる仕組みですね。
途中解約すると月々サポートがなくなります。

毎月の請求目安:6500円

一括0円

値下げの最大は本体代金が0円で月サポが残っている機種ということに間違いはありません。
本体代が発生しないので、月サポの恩恵だけ受けることができます。
上の例だと通常6,000円ほどの毎月の支払いから24ヶ月間3,990円を引かれることになります。

毎月の請求目安:2500円

もちろん機種によって違います

上の例は実質0円と一括0円の違いを比較するための目安ですが、全ての機種で同じ状況になるとは限りません。
一括0円までになる機種はそう多くありませんので、ほしい機種の最安値は実質0円だと思っていてもいいかもしれませんね。

スマホの値下げタイミング

スマホは周期的に新機種が発売される物なので、ある一定期間を過ぎるた時に在庫状況によって本体価格が値引きされるタイミングがあります。
過去の機種から紐解いていくと、3ヶ月6ヶ月という節目に大幅な値下げもしくはキャンペーンが打たれることが多いようです。

また、スマホの初期ロットの不具合も回避できるメリットも考えると、発売から2ヶ月~3ヶ月が一回目の買い時タイミングと言えます。
ただ、調べていると不思議な現象で発売から1ヶ月目が一番安い端末というのもあります。
シェアを伸ばす為に早めに値下げしてしまって後はそのままという機種もありました。
キャリアによって様々ですが、狙っている端末の型落ち(Xperia Z3狙いならXperia Z2)の過去の値下げ時期を探ることである程度の予想がたつと思います。

格安SIMの端末の値下がりは顕著で、最新モデルでも発売当初の方がキャンペーン等で安いケースもあるのが読めない所です。SIMフリー端末を値下げのタイミングで購入するには検討してみる価値はあります。

まとめ

あえて最新モデルにこだわらなければ、一括0円端末がいかに安いかがわかる結果になりました。
でも、お目が高いあなたの狙っている機種は(略
スマホは年単位で使用する物ですし、数千円を誤差としてしまうならばほしい時に買ってしまうのも一つですよね。

冒頭にあるような「スマホの買い時はいつですか?」という質問をされたら「発売3ヶ月は様子を見てみれば?」という返答にしておこうと思います。
2年使う覚悟があって人気機種なら「実質0円」で十分ということでしょうか。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る