wordpressのURL階層を変えるとドメイン直下のルートディレクトリに変更できる!

wp-dir-change
wordpressのインストール時のディレクトリをドメイン直下に変更したい!そんな時でもかなり簡単に変更できてしまうのがwordpressの便利な所ですね。
今回は「https://deaimobi.com/wp/」→「https://deaimobi.com/」に変更する設定方法です。
もちろん「/wordpress/」というディレクトリなど、どんなサブディレクトリからでも変更できます。

SPONSORED LINK

wordpress管理画面の設定方法

まずはwordpressの管理画面を開いて「設定」⇒「一般」を開きます。
wp_dir_change1

「サイトアドレス (URL)」の部分をルートディレクトリであるドメイン直下に変更します。
wp-dir-change2
「https://deaimobi.com/wp/

「https://deaimobi.com/」

最後に「変更を保存」をクリックしてwordpress管理画面の設定は終了です。

WordPressアドレスとサイトアドレス

ここで2つのURLを指定できるということは、そもそもwordpressのインストールディレクトリと公開ディレクトリが「別になるケース」を想定して設計されているということですね。
注意したいのは「WordPress アドレス (URL)」という項目はそのまま「/wp/」がついたままにしておくということです。
ちなみにサイトアドレス入力欄の説明文章に以下のような手引きが掲載されています。

サイトのホームページを WordPress のインストールディレクトリとは異なるものにしたければ、ここにアドレスを入力してください。
Giving WordPress Its Own Directory « WordPress Codex

サーバーファイルの設定方法

サーバー上にある「index.php」をダウンロードしてまずは念のためバックアップしておきます。
そして「index.php」をエディタで開きます。

「/wp-blog-header.php」の部分を「インストールされているサブディレクトリ」を入力して上書き保存しましょう。
wp_dir_change3

ファイル階層の移動

最後に今保存した「index.php」と「.htaccess」の2つのファイルをルートディレクトリであるドメイン直下に移動します。

階層としては

root
┣ index.php
┣ .htaccess
┗ /wp/

となります。

さぁサイトにアクセスして正常に表示されていれば作業終了です。

まとめ

wordpressに移行する前の準備段階でとりあえず/wp/フォルダや/wordpress/フォルダなどにインストールしたものの、実際運営開始したらサブディレクトリが残ってしまったというケースもあると思います。
そんな時でも簡単な手順でディレクトリの移動が行えます!
他にも、wordpressの納品で旧サイトが運営中の状態でもさきにサーバーテストが行えたりといったメリットもありますね。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る