【お試し無料】本を、聴こう。

無料ブログ(FC2ブログ)からWordPressに移行する方法!URLを引き継いで引越しするパーマリンク設定!

WordPress_sky
FC2ブログからWordPressに記事URLを引き継ぎながら移転する方法です。FC2側のmetaタグと、WP側のパーマリンク設定を合わせてあげるだけで、一つ一つの記事が適切に301同等の転送になります。

htaccessが利用できない場合の方法になるので、ちょっとしたコツが必要です。わかってしまえば簡単に引越しできると思いますが、ハマってしまうと泥沼になるかもしれません。

SPONSORED LINK

FC2ブログからWordpressに移行するする前の条件を揃えよう

  1. FC2ブログからWordPressに記事を丸ごと引越す
  2. FC2ブログは複数あっても合体して一つのWordpressにできる
  3. WPの初期設定だけは完了させておく
  4. FC2のドメインから独自ドメインに移行する

今回は、こんな条件でブログ引越しを行っていきます。移転先のWordpressは先にインストールまで済ませておきましょう!

完全に外注でプロに任せる場合は「サーバー引越し屋さん」が圧倒的なコスパと品質です。

FC2ブログから記事データをMT形式でエクスポートする

今回は二つのブログを合体させるのもミッションの一つです。それぞれのFC2ブログ管理画面からエクスポートしたバックアップファイルを用意します。

FC2ブログのエクスポートファイルを編集する

エクスポートしたMT形式ファイルをエディタなどで開きます。そして変更箇所を「置換」してしいましょう。

  • 画像のURLを置換
  • 内部リンクのURLを置換
  • 初期公開設定を下書きにする
  • 記事の投稿者名称を統一しておく

FC2ブログのURLの部分を、移転先のドメインに合わせてあげる作業です。先に、FC2から画像ファイルを一括ダウンロードして、Wordpress側にアップロードしておくとURLがわかっているので、一気に置換できます。

さらに、いきなり記事を公開しないように、初期状態を下書きにしておくと安心です。この場合、「STATUS: Publish ⇒ STATUS: draft」に変更していくとOKです。

最後に、WPの投稿者名に統一する為に、「AUTHOR: 旧名称 ⇒ AUTHOR: 新名称」に変更しました。しかし、投稿者はWordpress側でインポートの際に選択できるので、ここで置換する必要はなさそうですが念の為です。

WordPressにFC2ブログの記事を一括インポートする!

WordPressの管理画面にあるインポート機能から、編集が完了しているFC2ブログのエクスポートファイルを読み込ませましょう。

うまくいけば「STATUS: draft」なので、全ての記事が下書きに保存された状態で復元できているはずです。

下書き状態なので、カテゴリ設定や、細かい部分を見直しながら公開していけばOKです!お疲れ様でした・・・と言いたい所ですが、ここからがある意味で本番です。

SEOの為に移転した事をきちんと検索エンジンに伝えないといけません。その為には、旧記事にアクセスしたら自動で新しいWordPressに転送されるのが必要不可欠です。

WordPress側のパーマリンクをFC2ブログの記事IDと合わせよう

WordPressではパーマリンク設定という項目で、記事などのURLをどのように生成するか変更できます。

FC2ブログの記事URLは以下のような形式です。

/blog-entry-0123.html

数字の部分が記事ごとに違ったIDになるので、これを利用して記事を個別に転送します。例えば、上記のURLにアクセスしたら、以下に転送されれば成功という事です。

例)http://deaimobi.com/hoge-0123/

今回は「ブログID-記事No」の形式でそれぞれの記事にパーマリンクを設定しました。まずは転送先のWordPressをきっちり作ってしまいましょう。

FC2ブログへのアクセスをhtaccessを使わずに転送する方法

FC2ブログはhtaccessが使えないので、metaタグで転送させる必要があります。FC2のテンプレートにそのまま「meta refresh」を記述するとエラーが出ます。少し強引に表示させる為に以下のタグをテンプレートに利用しました。

<!--permanent_area-->
<!--topentry-->
	<link href="https://deaimobi.com/hoge-<%topentry_no>/" rel="canonical" /><meta /><!--/index_area--> http-equiv="refresh" content="0;URL=https://deaimobi.com/hoge-<%topentry_no>/" >
<!--/topentry-->
<!--/permanent_area-->
<!--not_permanent_area-->
	<link href="https://deaimobi.com/" rel="canonical" /><meta /><!--/index_area--> http-equiv="refresh" content="0;URL=https://deaimobi.com/" />
<!--/not_permanent_area-->

FC2ブログのそれぞれの記事から無事に転送されるか確認!

転送がうまくいけば、ユーザーも迷子にならないメリットだけでなく、これまでのSEO実績が新しいブログにきちんと転送されます!

もしも失敗してしまうと、SEO効果は引き継げないだけでなく、一箇所に集中して転送を行ってしまうとスパムサイト扱いになってしまう危険もあります

もしも少しでも不安がある場合には、無料ブログからWordPressの引越しを代行してくるプロ「サーバー引越し屋さん」に任せることも可能です。どんな状態のブログでも一から親身に相談に乗ってくれてブログ移転をフルサポートしてくれます。

画像やパーマリンクを一つずつ合わせていく手間を考えたら激安なので、こういったサービスもあることはチェックしておくと幸せになれます。

まとめ

今回は「meta refresh 0秒」がスパム扱いになってしまうこともなく、無事に転送設定によってSEOも引き継げました。

また、metaタグのhoge部分をブログIDなどにしてパーマリンクを合わせましたので、複数のFC2ブログを合体してしまう事にも成功しています。

記事もそれぞれきちんとリダイレクトできていて、FC2ブログ特有の一ヶ月以上記事を書かない場合の広告が表示されていても、metaタグはうまく作動しています。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る