デュポンのクラシックボールペンをJETSTREAM化に改造した

dupont_refill
すごく的の狭い、ニッチな需要と思われる「デュポンのクラシック2(CROSSっぽいリフィル)を書き味で高評価なJETSTREAMの替え芯を使えるようにする」という目的を果たしました。前回(デュポンのボールペンで細い替え芯(リフィル)の互換と自作改造への道 )はまずはCROSSのリフィルを使えるように試行錯誤を行いましたが、今回はどこにでも売っている替え芯を使えるようにしてみました。

SPONSORED LINK

なぜデュポンボールペンを改造するのか?

そもそもなんでこんなにデュポンのボールペンにこだわるのか。自問自答。
なんと言ってもカッコイイ。でも、デュポンのクラシックは、他メーカーと互換性のない独自のリフィルのみしか使えないという馬鹿貫禄の一本です。さらに替え芯も手に入りにくいという欠点まで付いてきます。
それじゃあ常用なんて出来っこありませんので、改造を行うのです。

デュポンをJETSTREAM化する

まず、世界トップクラスに細いペン穴をどうにかします。とにかく穴を広げることは避けて通れません。
これは本体を削るということなので、誰にでもオススメできる内容ではなくなってしまいますし、失敗の可能性も秘めています。
そして、JETSTREAM以外のリフィルも使えるように長さを調節できる仕組みを考えなくてはなりません。

今回利用する替芯はコチラ。

ペン穴を広げる

2015-02-07 19.08.25
まずは目を疑うほど小さなペン穴を広げます。CROSSのリフィルでさえ大きすぎて通りません。
試しにJETSTREAMを当ててみると、かなりの差があるとわかります。
JETSTREAMの穴の大きさを想像すると、かなり削ることになるので、ペン先の強度や欠けることが心配ですね。

2015-02-07 19.05.27
丸型・円錐型・三日月形のダイヤモンドヤスリの頭を突っ込んでゴシゴシ削ります。一度削り始めると不安感よりもウキウキ感に変わりました。もうどうにでもなれ。

2015-02-07 19.17.34
ちょうどJETSTREAMの頭がピッタリになるまで削ります。
最初に強度の心配をしていましたが、まったく問題なさそうです。
それよりも削っている最中にヤスリが抜けて外装に「カツッ」と当たることに注意したほうがいいかもしれません。

CROSSのJETSTREAM化も同じ

これって結局CROSS持ちの人も同じ作業でJETSTREAM化できるということだと思います。
どちらにしても自分の気に入った文字を書きたいという欲求を満たすには、色々な替え芯が使えることが大前提ですからね。
ただ、CROSS魅力である永久保証も改造してしまうと無効になってしまうでしょうが。

リフィルの長さを合わせる

2015-02-07 19.29.33
利用するのはJETSTREAM多機能用の替え芯ですので、ちょっと短いですね。
予定では細くて長いネジを利用して、替え芯自体の加工をしなくても可変できるようにしようと思ったのですが、そんな都合のいいネジが中々なかったので、いらないボールペンのバックを切ってセロハンテープでピシっと繋ぎました。
とにかく早く使ってみたいってのもあります。

デュポンをJETSTREAM化終了

2015-02-07 19.30.12
どうですかこのジャストミート。書き味はもちろんジェットストリーム!なめらかです。
これで自分の中では半永久的に使えるボールペンとして位置づいたような気がします。
正直、重心やペン軸の直径などで見るともっといいペンが山ほどありますが、このスタイリッシュなデザインはデュポンだけだ!

まとめ

デュポンのボールペン利用者で、純正をストックしていて、純正の書き心地に満足している人はまったく関係のないお話でした。
今回の改造はデュポンボールペンが好きなのは前提として「デュポンの替え芯がなくて押入れに眠っている人」「デュポンを使いたいけどリフィルの値段で躊躇している人」「デュポン純正リフィルが嫌いな人」には是非おすすめします。(もちろん自己責任でお願いしますね)

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る