PHPなどでDB不要のCMSブログがまだまだ使えそう


データベースまで利用してわざわざ作るほどでもないブログや、データベースが使えないサーバーだったり、とにかく軽量化されたブログを目指したり。
ちょっとしたブログをDB不要で探したら意外と使えそうな物が揃っています。

WordPress並みの機能が使えたり、プラグインが充実していたり、作り込みは必要かもしれませんが、どうしてもCMSが使えない場面等では重宝するかもしれませんね。

SPONSORED LINK

DB不要のCMS一覧

WordPressの襲来や時代の流れで開発が終了している物も多くありました。
そんな中でも今でも利用され続けている物を厳選してみました。

flatpress

http://flatpress.org/home/
PHP製。ザ・シンプル。イントールの手軽さも魅力の結構有名なプログラムですね。
Wordpressの作りと近い事で、今でも利用されている現場も多いです。
プラグインの充実から見ても、一番今回のテーマに理想的なCMSです。

adiary

http://adiary.org/
Perl製。現役の開発としっかりした設計なので、どんなサイトでも対応できそう。

adiaryはHTML5準拠CMSです。日本製オープンソース!
Wordpressより簡単で使いやすい
高機能なのに超高速動作(毎秒723リクエスト)*1
テーマシステムとデザイン編集で見た目を簡単カスタマイズ
何もしなくてもスマホ対応*2
元々Movable TypeやtDiaryの置き換えとして生まれ、10年の歴史があるCMSです。利用例の約半数が企業や団体利用のようです。

根強いファンに支持されているご様子。
イントールも簡単。利用してビックリしたのは思った以上になんでも出来る!

Pluck

Pluck CMS
PHP製のCMSで、基本機能は管理画面・ページ管理画面。
モジュールを使う事で、フォトアルバムやコンタクトフォームも導入可能です。
さらには、テーマも提供されており、見た目を簡単に変更する仕組みも完成しています。

p2b

http://p2b.jp/

いわゆる「ブログ」に期待される機能は、ほぼ網羅していると思います。
PHPという言語で作成されていて,MySQLやPostgreSQLといったデータベースを必要としないので敷居が低く,インストールも簡単,また動作の軽快さには かなりこだわっています。
ログのバックアップは簡単で,画像も含めたログデータは汎用性の高い通常のHTML形式でダウンロードできます。
MT(MovableType)形式のログのインポートにも対応。ログファイルがあれば、簡単に画像を含めた記事を取り込むことが可能です。

かなり作り込まれた印象の管理画面に脱帽。
アクセス解析プログラムが最初から組み込まれていたりと、本格派。

まとめ

他にも色々ありましたが、開発が終わっている物が多いです。
プログラムのバージョン問題もありますので、
将来性を考えると少しでも最新版を利用したいですね。
ブログに特化したCMSとホームページにも使えるCMSなど、それぞれの特徴が垣間見れました。
こういうサービスがあると覚えておくだけでもお得です。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る