甘酒を自作してみた!ヨーグルトメーカーなら簡単お手軽のアイリスがおすすめ!


ヨーグルトの自家製をはじめてから、いつかやってみたいと思っていた手作り甘酒に挑戦してみました。その結果、市販の甘酒に負けず劣らずの仕上がりになった・・・というか手作りの甘酒がこんなに甘みがでるなんて驚きでした!

甘酒にも種類があって「酒粕甘酒」と「米麹甘酒」がありますが、いつでも気兼ねなく飲めるのはアルコールの含まれていない米麹ですよね。

という事で、今回は「ヨーグルトメーカーを使って米麹から甘酒を作ってみた」をお送りします!

SPONSORED LINK

アイリスのヨーグルトメーカー付属品

今回利用するのは、評判の高いアイリスのヨーグルトメーカーです。以前からR1ヨーグルトの手作りを行っていたのですが、牛乳パックが使えるアイリスも購入してみました。

ロングスプーンやレシピブックまでお値段以上に充実している印象です。設定できる温度幅も広く、温度設定が1℃刻みで設定できるので、ほとんどこれ一台で十分なんじゃないかと思います!

ヨーグルトメーカーで甘酒の作り方

早速、ヨーグルトメーカーを使ってお手軽甘酒を作っていきたいと思います。

甘酒の材料

手作り甘酒の材料
ごはん 300g(約1合分)
乾燥米麹 200g
熱湯 250ml
150ml

作り方(手順)

材料の用意ができたら、甘酒をセットするまでの手順を順に見ていきましょう。とっても簡単なので、これなら継続しやすいと思います。

ごはんと熱湯を混ぜる


ごはんと熱湯を入れてしっかりとかき混ぜます。ごはん全体に粘りが出てきたら、水を入れて温度を下げます。米麹の菌は高温に弱いので、水で熱を冷ませてあげる効果もあるんだそうです。

米麹を入れて混ぜる


米麹のかたまりをほぐしてから、先程のごはんに混ぜます。


専用容器に詰めるとちょうど入る分量でした。

温度60℃&タイマー9時間でセット


ヨーグルトメーカーにセットして、温度と時間を合わせます。

甘酒完成!


9時間は長いと思っていたのですが、寝る前にセットするとちょうど朝に合わせやすい!レシピ通りだと一回で作れる量が思っていたよりも多いので、家族で楽しむ事もできます。うちの場合は10杯~20杯分ぐらいは余裕で持ちます。

手前が甘酒です。手作りだとは思えないほど完成度の高い甘酒ができます。自然な甘みがおいしい!

奥は甘酒と豆乳をミックスした物です。レシピブックに豆乳と混ぜるとおいしいと書いてあったので、やってみたところ・・・

これは・・・

美味い!

手作りで自家製の甘酒を作った時には絶対に一度は豆乳ミックスをやってみて下さい!これは本当に美味しいです。朝飲めば元気な一日がおくれそうです!

手作り甘酒のコスパ

甘酒をせっかく手作りするのに、市販の甘酒よりも高くなっては本末転倒ですよね。

一回の甘酒手作りで使う材料は1合のごはんと乾燥米麹200gなので大体200円程度になります。そして、アイリスの専用容器が800mlなので、一度で甘酒を大体700mlぐらい作れる事になります。

さらに、完成したばかりの甘酒は飲むというよりも、食べると言った方が近い仕上がりです。市販の甘酒のような濃さに合わせる為に、お湯などで割って飲む事を考えると1500mlぐらいになると思います。

200円で1500mlの甘酒!コスパ良すぎ!すごすぎ!

手作り甘酒を作り過ぎたら冷凍できる

甘酒はジップロックや容器に入れて冷凍保存もできます!おいしく飲む為には大体1ヶ月が目安ですが、長期保存ができると、一度に沢山作ってしまっても安心です。

おすすめの冷凍方法は、小分けです。甘酒一食分ごとに小分けして冷凍しておけば、飲みたいと思った時にサクッと楽しめますよ。

ヨーグルトメーカーのレシピ

アイリスのヨーグルトメーカーに付属しているレシピブックには色々なレシピが掲載されています。納豆も自宅で作れるのには驚きました。

  • ヨーグルト
  • ギリシャヨーグルト
  • カスピ海ヨーグルト
  • 塩麹
  • 醤油麹
  • 天然酵母
  • 納豆
  • 西京味噌
  • 甘酒
  • 塩レモン
  • 水キムチ
  • フルーツビネガー
  • 梅シロップ

アイリスの公式サイトにはヨーグルトメーカーでできるレシピも少しだけ公開されていますので、チェックしてみて下さい。

ヨーグルトメーカーで甘酒まとめ

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど健康に良い食べ物なので、それが自宅で手軽に作れてしまうのは本当に嬉しいですよね。しかもコスパがやばいので、継続的に飲めるのもおすすめポイントです。

当たり前ですが、このアイリス、ヨーグルトを作らせても一人前なのです。ヨーグルトも健康食には欠かせない物なので、これ一台で腸内環境が整いまくってしまうはずです。

甘酒は、手順を見てもらえばわかる通り、準備なんて5分でできちゃいますから、一番の手間は「待つ」というプロセスです(笑)菌と仲良く暮らす為には一家に一台おすすめです!

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る