WordPress「Contact Form 7」のスパムメール対策をしてみる

wp_contact_form_spam
WordPressのコンタクトフォームで定番の「Contact Form 7」にスパムメールが届くようになって困っていませんか?
画像認証やフィルタを使わずに手軽にスパム対策ができました。

SPONSORED LINK

承諾の確認を使う

チェックボックスをチェックしないとメールが送信できないようにする方法です。
たったこれだけでスパムは判別できなくなりますので、迷惑メールがなくなります。

自分が利用しているコンタクトフォームを選択して編集モードにします。
contact_form_spam_mail_2

タグの作成のプルダウンから「承諾の確認」を選択します。
contact_form_spam_mail_3

生成されたコードをコピーしてフォーム編集欄に貼り付けます。
contact_form_spam_mail_4

「確認してね」という注意書きを添えるといいかもしれません。
contact_form_spam_mail_5

表示を確認してみます。
Contact

まとめ

これ、実は意外な効果がありました。
スパムはもちろんなのですが、誤送信してしまう人が減りました。
Enter一発で送信できてしまっていた仕様に問題がありましたね。
というわけで一石二鳥。

今日も知識欲は止まらない。

関連トピック

c02c8eba9866171b5745b95cf33b2e67_m

WordPressの乗っ取り対策は他人事ではないという事実

何気なくWPのログイン履歴を見ていたら、海外からログインしようとしている形跡が山のように表示されていて血の気が引きました。 対策は以前

BackWPup

まだ手動?全自動でWordPressをバックアップしてくれる「BackWPup」

WordPressのデータ消失などの不測の事態に備えてバックアップをとっていますか? この操作を自動で行ってくれるプラグインが「Bac

wp-dir-change

wordpressのURL階層を変えるとドメイン直下のルートディレクトリに変更できる!

wordpressのインストール時のディレクトリをドメイン直下に変更したい!そんな時でもかなり簡単に変更できてしまうのがwordpres

WordPress_sky

FC2ブログからWordPressに移行する際に行ったこと

無料ブログからWordPressに本格的に移行を考え始めてから、 数ヶ月経ってしまっていました。 重い腰をあげてやってみると意外

Post_Snippets

WPの広告管理プラグインはPost Snippetsで一括管理

WordPressを利用して広告を管理していると、いつも時間を取られるのは「終了広告」の削除作業ではないでしょうか? 有名なプラグイン

wordpress-revision-admin

WordPressでリビジョンの無効と削除を管理する

WordPressの便利な機能であるリビジョンですが、制限なく溜まってしまうと、 容量の圧迫やデータベースの遅延に繋がったりと何か

公開日:2014/05/22