WordPressでリビジョンの無効と削除を管理する

wordpress-revision-admin

WordPressの便利な機能であるリビジョンですが、制限なく溜まってしまうと、
容量の圧迫やデータベースの遅延に繋がったりと何かと不具合が生じます。
そんなリビジョンを自分のスタイルに合った内容に管理してみます。

SPONSORED LINK

まずは不要なリビジョンの削除

Better Delete Revision」というプラグインを利用します。
「設定」→「Better Delete Revision」を選択してください。

Better_Delete_Revision_1

「Check Revision Posts」を選択してどのぐらいリビジョンが溜まっているか見てみます。

Better_Delete_Revision_2

最近掃除したばかりですが、すでに「28個」のリビジョンが溜まっていました。
「Yes, I would like to delete them! (A Total Of XX)」を選択してリビジョンを削除します。

Better_Delete_Revision_3

データベースが軽くなってWordPressがサクサクに動くかもしれないという妄想でどうしてもニヤけてしまいます。

リビジョンの保存数を制限する

Revision Control」というプラグインを利用します。
「設定」→「リビジョン」を選択してください。

revision_control_1

リビジョンを一切保存しない設定から自分の好きな個数まで、自由に設定できるようになりました。

リビジョン管理

普段はリスク対策でリビジョンを3つほど保存させています。
でも時々「リビジョンを一括で削除して最適化したくなる」なんていう人には今回紹介した2つのプラグインで効率的にリビジョン管理できると思います。

関連トピック

wp-dir-change

wordpressのURL階層を変えるとドメイン直下のルートディレクトリに変更できる!

wordpressのインストール時のディレクトリをドメイン直下に変更したい!そんな時でもかなり簡単に変更できてしまうのがwordpres

WordPress_sky

FC2ブログからWordPressに移行する際に行ったこと

無料ブログからWordPressに本格的に移行を考え始めてから、 数ヶ月経ってしまっていました。 重い腰をあげてやってみると意外

BackWPup

まだ手動?全自動でWordPressをバックアップしてくれる「BackWPup」

WordPressのデータ消失などの不測の事態に備えてバックアップをとっていますか? この操作を自動で行ってくれるプラグインが「Bac

Post_Snippets

WPの広告管理プラグインはPost Snippetsで一括管理

WordPressを利用して広告を管理していると、いつも時間を取られるのは「終了広告」の削除作業ではないでしょうか? 有名なプラグイン

c02c8eba9866171b5745b95cf33b2e67_m

WordPressの乗っ取り対策は他人事ではないという事実

何気なくWPのログイン履歴を見ていたら、海外からログインしようとしている形跡が山のように表示されていて血の気が引きました。 対策は以前

wp_contact_form_spam

WordPress「Contact Form 7」のスパムメール対策をしてみる

WordPressのコンタクトフォームで定番の「Contact Form 7」にスパムメールが届くようになって困っていませんか? 画像

公開日:2014/05/11