KeepassとDropboxでパスワード管理を同期させる方法(導入編)

keepass_dropbox
万年繰り返される「パスワード管理ソフト」の比較がありますが、選択肢としては「セキュリティ面・操作面・マルチプラットフォーム対応・コスパ」が主な検討項目になるのではないでしょうか?
さて、今回は長年愛用しているRoboformと最新鋭のPasswordboxからKeepassへの移行を行ってみることにします。
なぜ今このタイミングでKeepassなのかというと、最近のKeepassの進化の検証と、有料パスワード管理ソフトから離脱ができるかどうかの検証です!

SPONSORED LINK

Keepassのインストール方法

Keepass公式サイトのダウンロードページからソフトをダウンロードします。

「Classic」と「Professional」がありますので今回はより高機能版の「Professional」を選択します。
keepass1
Keepassのダウンロードが完了したら、ファイルを選択してインストールを開始します。
keepass5
初期状態では日本語は存在しませんので、Englishのままインストールを開始します。
keepass6
規約に同意(agree)して次へ。
keepass7
インストールする項目にも変更はありませんので、そのまま次へ。
keepass8
kdbxファイルを関連付けますか?(必須)
デスクトップにショートカットを作りますか?(任意)
クイックランチャーにショートカットを作りますか?(任意)
を選択します。
keepass9
さぁインストールを開始しましょう!
keepass10
これでKeepassのインストールは終了です。

Keepassを日本語化をインストール

まずは日本語ファイルをダウンロードしましょう。

keepass2
「Japanese」にある自分のVerにあったファイルを選択しましょう。
keepass3
解凍したフォルダにある「Japanese.lngx」というファイルをKeepassフォルダに入れます。デフォルトインストール先は以下になります。

C:\Program Files (x86)\KeePass Password Safe 2

ファイルの移動が終わったらKeepassを再起動します。
keepass4
「View」→「Change Language」を選択します。
keepass11
「Japanese」を選択して再起動しましょう!

KeepassをDropboxに保存する設定方法

それでは次にKeepassの保存データ(データベース)をDropboxに指定してみましょう。
Keepassを起動して「ファイル」→「新規」ボタンをクリックします。
keepass12
データベースの名前を付ける部分で、保存先をDropbox内の任意のフォルダにしましょう。
ファイル名は「keepass.kdbx」としました。
keepass13
次にマスターパスワードの設定です。これはKeepassを使う上で唯一自分で覚えていなければならないとっても重要なパスワードになりますので、より強固なパスワードが望ましいですね。
keepass14
ここでは特になにもせずに「OK」をクリックして終了です!
自動で設定されている初期エントリーを消して「上書き保存」を押した瞬間からKeepassとDropboxが連携を開始しますよ!

まとめ

今回はKeepassのインストールからDropboxの連携までの導入編になりました!
これで様々なパスワードをどんどん追加していく方法やスマホとの連携や各種ブラウザでの使い心地など、どんどん検証していきたいと思います。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る