ウェブに投稿する写真から住所がわかる!Exifには位置情報も丸出し

NKJ56_kanagawamap
スマホやデジカメで撮影した写真をウェブに投稿しますよね。ひょいと。でも実は気をつけないとあなたの個人情報が漏れちゃうかもしれません!
写真のExif情報に「GPS情報や日時や機種」といったデータが付与されています。自宅の写真を掲載したら住所がバレちゃったなんてことのないようにExifについての対策方法を覚えておきましょう。

SPONSORED LINK

EXIF情報とは?

EXIFとはGPSの位置情報、撮影日時、利用したスマホやカメラの機種などのメタ情報です。カメラの著作権者登録で「Yamada Taro」などとしていると氏名まで晒してしまう可能性がある個人情報の肉詰めです。
写真マニアの方は涙を流して喜ぶような超詳細設定まで残っているので、上手に管理できればとても有意義な情報なんですね。きっと。
友人のカメラマンはEXIFで白飯が食えると言っていたような気がします。

ChromeでEXIFを見てみる

Chromeの拡張機能になるEXIF ViewerでWEB上のあらゆる画像のExifを簡単に確認することができます。

これを利用してちょっとネット上の画像にあるEXIFを確認してみました。

きちんとEXIFが消されている画像

exif_safe
最低限のサイズデータぐらいしか残っていませんね。
カメラで撮影した写真などはこの状態だと安心ですね。

EXIFが残った危険な画像

exif_out
地図でズバっと特定できます。赤いピンが写真を撮影した場所ですね。拡大していけばピンポイントで住所がわかりますので怖いですね。
そして怖いと言えばこのブログを書いている場所がスターで残っているのも怖いです。ChromeをログインしていてノートPCのGPSを使っていたのでバッチリ残っています。こういうケースもあるという良い例ですね。

有名SNSはEXIFが付かない

FacebookやTwitterやLINEといった一番写真の掲載率が高いような大きなサイトでは自動でEXIFを削除してアップロードされています。
ただ、このEXIF Viewerで気付いたんですが、外部サイトのアップローダーを利用して上記SNS等を利用しているとEXIFがそのままのケースもありました。
つまり写真のアップロードはそのSNS本来の機能で行う方が無難ということですね。

写真共有サイトはEXIFはそのまま残る

写真共有サイトは、その写真本来の状態を残しておくことが使命だと言う事で「お客様の大切なお写真のEXIFを勝手に消すようなことはございません」というスタイルだと思います。

例えばPicasaでは以下のようにされています。

写真に含まれているデータ(EXIF)
Picasa ウェブ アルバムに写真をアップロードすると、それぞれの写真の EXIF メタデータ(写真ファイルに含まれています)もアップロードされます。EXIF のデータ(カメラの機種、ISO、絞り、撮影日時など)が写真と一緒に表示されます。
Picasa ウェブ アルバムで個別の写真を表示中に [写真の情報] の下の [詳細ページ] をクリックすると、含まれている情報がすべて表示されます。

https://support.google.com/picasa/answer/1208119?hl=ja

WordPressはEXIFはそのまま残る

WordPressでアップロードした画像はEXIF情報がそのまま掲載されます。
アップロードした時に自動でEXIFを削除してくれるExif-Remove-ImageMagickというプラグインもありますので、写真を多く取り扱って個人情報が心配な方は入れた方がいいかもしれません。

EXIFをOFFにする方法

写真にGPSは絶対にいらない場合はGPSへの関連付けをOFFにしてしまうことです。
iPhoneの場合には「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「カメラ」→「OFF」これでカメラを利用しても位置情報は付与されません。
Androidの場合にはそのアプリ自体の設定項目から「ジオタグ」と呼ばれる設定を「OFF」にします。
カメラの場合にはメニュー画面からGPS設定を選択し位置情報を「OFF」にできます。メーカーや機種でちょっと違いはあっても必ず設定項目が存在します。

スマホでEXIFを使い分ける

EXIFは悪だのように書いてきましたが、EXIFはとても便利に利用できるのも本当です。
この写真のお店どこだっけなぁ」と思ったらピンポイントで日時や場所がわかるのはやはり便利です。

というわけで、スマホでEXIFをONのカメラアプリとOFFのカメラアプリを2つ用意すればいいのです。
アプリごとにGPS設定ができるので、EXIFを残したくないVerのカメラを用意しておきましょう。
自宅やプライベートな場所ではEXIFを付けないようにできますね。

スマホでEXIFを削除

使い分けるとは言っても、やっぱり「この画像もアップロードしたい」という日がくるものです。

↑こういったアプリを利用してEXIFを直接削除することもできますね。

まとめ

ほとんどのウェブサービスではEXIFを自動で削除してくれることから、あまりEXIFについて意識する人が少ないのが現状です。
どこかに写真を投稿する時は、掛け声を「おりゃ」とか「あっぷ」とかでなく「いぐじふびーむ!」に癖付けるほど頭に刷り込んでおくほうが無難です。
ただ、なんでもかんでも消してしまってはEXIFの本当の恩恵は受けられません。適材適所で写真を管理する心構えが重要ですね。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る