iQOS(アイコス)とglo(グロー)を比較したらおすすめポンイトでどっちがいいの?

iqos-vs-glo
加熱式タバコの市場が今後もどんどん大きくなりますね。
普通の紙巻きタバコよりも体への害が減ったり、副流煙が少ないといった、周りへの配慮もできる事から需要は増え続けると思います。
そんな中でどの加熱式タバコを選択するべきか悩む方も多いと思います。
今回はiQOS(アイコス)glo(グロー)を比較してみます。
味やフレーバーといった個人差のある部分ではなく、コスパや性能に焦点を当てて比較していきます。

SPONSORED LINK

iQOS(アイコス)とglo(グロー)のコスパ比較

商品名 iQOS(アイコス) glo(グロー)
本体価格 9,980円 8,000円
専用たばこ価格 460円(20本) 420円(20本)

後発のglo(グロー)の方が価格を下げて、普及を最優先させる事に専念しているようです。

本体価格はiQOS(アイコス)のキャンペーン等でも変わるので、一概に比較は難しいです。
でも、加熱式タバコは性質上、消耗品なのは間違いありません。
買い換える事も視野に入れれば、定価が安い方が良いですね。

専用たばこの価格には大きな差が開きました。
どちらも同じ本数なので40円という価格差は大きいのではないでしょうか?

1日20本の喫煙の方だと、月に40円×30日=1200円ほどの差が出ます。
年間だと14400円の差になります。

コスパの比較ではglo(グロー)が優位ですね。

iQOS(アイコス)とglo(グロー)のデザイン比較

iqos
バッテリーと加熱システムが分離式のiQOS(アイコス)

glo
バッテリーと加熱システムが一体型のglo(グロー)

どちらも新型たばことしての先進的なデザインに仕上がっています。
一番の違いは加熱システムが分離型になっている点ですね。

iQOS(アイコス)とglo(グロー)の携帯性

常に持ち歩く物として、デザイン性だけでなく携帯性も重要なポイントです。

iqos_2
iQOS(アイコス)は本体の重さが120gほど。
専用たばこ(ヒートスティック)は紙巻きたばこよりも一回り小さくなっています。
専用たばこの大きさもスマートになっていて、高級ライターと紙巻きたばこを持ち歩いていた人ならば似た感覚で携帯できると思います。

glo_2
glo(グロー)は本体の重さが100gほど。
専用たばこ(ネオスティック)は紙巻きたばこと同程度。
本体の大きさに差はほとんどありませんが、専用たばこの大きさが、glo(グロー)の方だと普通の紙巻きたばこ程度なので、常に2箱のたばこを持ち歩く感覚に近いかもしれませんね。

iQOS(アイコス)とglo(グロー)の性能比較

商品名 iQOS(アイコス) glo(グロー)
充電時間 本体:約90分
ホルダー:約3分
加熱待機時間 約20秒 約40秒
喫煙可能時間 約6分 or 14回 約3分
必要電力 5V・2A・10W
喫煙可能本数 20本~40本 30本~35本
寿命 チャージャー:約400回の充電
ホルダー:約7,300回の充電
端子 microUSB microUSB

やはりバッテリーを利用する物なので消耗品なのは仕方ないですね。
こちらは情報が出揃い次第順次追加していきます。

iQOS(アイコス)とglo(グロー)の使い方比較

iqos_tsukaikata
iQOS(アイコス)の本体を充電し、ホルダーの充電も完了したら、ヒートスティックを差し込んで電源ボタンを長押しします。
約20秒後に緑のライトが点滅から点灯に変わると喫煙可能状態になります。
6分もしくは14回の吸引で終了です。
緑のライトがオレンジ色に変わると残り30秒もしくは2回の吸引の合図になっています。

glo_tsukaikata
glo(グロー)本体にネオスティックを差し込み、ボタンを長押しするとバイブレーションします。
約40秒後にもう一度バイブレーションすると喫煙可能状態になります。
約3分で吸引終了です。
残りわずかのタイミングで再度バイブレーションが作動し、ボタンの光が消えるまで吸引可能の合図になっています。

まとめ

glo(グロー)は全世界に先駆けて、日本の仙台にて2016年12月12日より発売となるほど、日本の加熱式たばこは激戦時代に突入します。
「次世代たばこ・新型たばこ」として今後も様々な進化をしていくと思いますので、今後の動向にも目が離せません。

今日も知識欲は止まらない。

関連トピック

dell-logo

DELL タブレット まとめ

DELL Venue 8 Pro DELLから8インチのWindowsタブレット『Venue 8 Pro』が2013年10月1

kobo_logo_FINALPMS

楽天 Kobo まとめ

Kobo Arc 7 HD 楽天株式会社よりKoboのAndroid電子書籍端末「Kobo Arc 7 HD」が発表。 需要

vaio_pro_13_windows10

「VAIO Pro 13」を「Windows10」にアップグレードしてみた

「VAIO Pro 13」を「Windows10」にアップグレードしてみました。公式のナビゲーションが遅くて待てなかったというオチです。

asus-logo

ASUS タブレット まとめ

MeMO Pad 8 8インチタブレットスペック 7インチの「MeMO Pad HD7」と10インチの「MeMo Pad F

Multi

BTOパソコンのスペックで迷ったら「CPU・メモリ・GPU・SSD」の選び方を覚えよう!

パソコンの購入で迷うのは自分に必要なスペック探しですね。 BTOパソコンを検討している方は、それぞれのパーツについての正しい知識だけで

office-581122_640

Windowsを紛失した時に「Macを探す」的な機能よりもより強固なセキュリティについて考える

Windowsパソコンを紛失した場合に備えて、リモートワイプやリモートロックについて調べていると、色々な対処方法があったりして混乱しまし

xperiaz3-iphone6

「Xperia Z3」と「iphone 6」を比較したらおすすめポンイトでどっちがいいの?

次期端末の比較としては「「Xperia Z4」と「iphone 6s」を比較したらおすすめポンイトでどっちがいいの?」をご覧ください

sharp_aquos_pad_mebius_pad

SHARP Aquos Pad / Mebius Pad まとめ

Mebius Pad 10.1型 Windowsタブレット Windows 8.1を搭載する10.1型タブレット端末「Mebi

公開日:2016/11/09