ドコモ光へフレッツ光から乗り換え準備と移行まで!

docomohikari_flets
ドコモユーザーでフレッツ利用者には避けて通れない「ドコモ光」の存在ですが、現在フレッツを利用しているユーザーは何を確認するべきなのかを洗い出してみました。
ドコモのXi/FOMAの利用者なら大きな割引となる光回線だと思いますので、スムーズに移行できるように準備をしておきましょう!

SPONSORED LINK

フレッツ光の「にねん割」を解約する

まずはフレッツ光ユーザーならほとんどの方が利用している「にねん割」について。
サービス名の如く、二年間の利用を約束することで毎月の利用料金が割引されるサービスですね。
ドコモ光の募集開始と同時に移行を検討していても、にねん割の違約金が発生するんことで移行タイミングを見直すことになるかもしれません。

にねん割の解約

フレッツ光のにねん割の解約は2年ごとに一か月だけ申請できる期間が設けられています。

利用期間の途中(利用期間満了月の翌月<更新月>を除く)でフレッツ光を解約された場合、「にねん割」の解約金(戸建て向けサービスの場合9,500円、集合住宅向けサービスの場合1,500円)をお支払いいただきます。

現在自分の契約期間がどのようになっているかを確認しましょう。

ドコモ光の移行キャンペーン

フレッツ光のにねん割のせいで移行したいユーザーを逃さない為にも、ドコモ光が「にねん割解約料負担キャンペーン」を行うかもしれません。
これはただの推測ですが、解約できる月が遠い人はこういったサービスにちょっとだけ期待してもいいかもしれません。
フレッツ光としてもユーザーの囲い込みのサービスですので、大人の事情から考えるとそんな名目では打ち出されないかもしれませんが。

ひかり電話の番号は?

私は先日ひかり電話を解約しましたが「ひかり電話を解約したらモデムの再設定が必要!」利用している方の為に調べてみました。
フレッツ光からドコモ光に乗り換えるときは、電話番号がそのままで移行できる方式で、書類一枚でスムーズな移行が実現しているとのこと。
基本的にがフレッツ光ネクストで提供されるサービスはそのまま利用できる方式になっているようです。

ドコモ光とプロバイダの移行

今まではフレッツ光を基準としてプロバイダの移行を検討していた状況です。ドコモ光への移行だとプロバイダはどうなってしまうのかが疑問点だと思いますが、ほとんどのプロバイダがそのままドコモ光への移行に対応するようです。つまり、フレッツとドコモの移行契約だけでそっくりそのままサービス移行できるイメージに仕上がっているようです。

ドコモ側の条件を確認する

docomohikari_flets1
単純に「ドコモの端末を使っていて、ドコモ光を契約すればいい」というわけじゃないので注意しましょう。
特に重要なのは「ドコモ新料金プランとの組み合わせで更にお得」という部分です。
カケホーダイなどの新プランを利用していないユーザーはドコモ光への乗り換えで、ほとんど恩恵を受けられない可能性もあります。
「ドコモ光パック割引」の適用条件もきちんと確認する必要がありそうですね。

ドコモ光へ乗り換えるメリット

割引や毎月の金額を検討してほとんど差がない場合でも、ドコモユーザーにはメリットが多少あるかもしれません。
先日改悪されたフレッツポイントの使い道のなさを解消できます。ドコモポイントに集約しておけば、機種変更やドコモサービスで消化できますね。
他にも支払い管理の一元化や、手続き面での一元化することで塵一つ逃さない完璧主義のあなたの欲求を刺激すると思います。

どっかのドコモ社員が狂って「ドコモのスマホ無料で渡しちまうのはどうだろうか!どうだろうか!」と叫べば更なるメリットが生まれる可能性は広がります。
それにはその上司も「それだ!それしかない!それしかない!」という承認が必要ですが、ドコモならやってくれるかもしれません。

まとめ

ドコモ光とフレッツ光のサービス面での差異はほとんどないことがわかりましたが、実際にどれほどお得なのかに尽きると思います。
その為にも現在のフレッツ光での契約状況と毎月の支払額を確認して、用意しておきましょう!
そのタイミングでISPの見直しなんかも行ってみてはどうでしょうか?

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る