301リダイレクトが使えない場合のURL変更やサイト移転の方法は?


301リダイレクトが使用できない環境で、サイト評価をまったく落とさずにドメイン変更に成功しました。
同じ環境下で悩んでいる方は自己責任で参考にして下さい。
301リダイレクトを使用せずに、ドメインURL変更を行う最善の方法だと思います!

SPONSORED LINK

meta refreshを0秒にする

1.以前から0秒のmeta refreshが301リダイレクト同等の動きをすると言われていますが、
この方法はスパムサイトにも多く見られる手段です。
何らかのきっかけでサイト評価を下げる可能性を秘めているので、
今回は使用を見送りました。

<meta http-equiv="refresh" content="0; URL=http://新ドメイン.com">

canonicalでURLの正規化

次に思いつくのは<link rel=”canonical”>でURLを正規化する方法です。
記述可能な全てのページに指定する必要がありますが、
重複コンテンツの統一という目的にはかなり大きな力があるタグです。
今回は新ドメインに可能な限り同一のコンテンツを用意してから旧サイトでcanonicalを使用しました。

<link rel="canonical" href="http://新ドメイン.com/page.html">

canonicalが反映されない

2週間経過後も旧ドメインが上位に表示されていたので、何らかの変更を検討しようと考えました。
この時点でうまくURL変更が行える場合は、以下の方法は使用しないほうがいいかもしれません。

調べていくとcanonicalタグは強力だからこそ、慎重に扱われることがわかりました。
今回のケースだと、
旧ドメインに特に問題がないのにcanonicalでいきなり新参者が指定された
と解釈されたのだと思います。
つまりcanonicalをスルーしているように思いました。

クローラーにcanonicalが正しい事を伝える

そこでクローラーロボットに、
私の記述したcanonicalは正しい指定です。もう一度見直して下さい!
という記述を追加する事にしました。

<meta http-equiv="refresh">

canonicalとrefreshの結果

そこから数日後に驚きの結果になりました。
今まで旧ドメインで上位表示されていたサイト評価を丸ごと引き継いでドメインが変更されていました。

まとめ

<head>
<link rel="canonical" href="http://新ドメイン.com/page.html">
<meta http-equiv="refresh">
~
</head>

今後もずっとこのテクニックが使用できる保証はありませんし、環境やサイト内容によっては思わぬ結果になる可能性はゼロじゃありません。
ただ、ペナルティを受けるような記述ではないと思いますが念の為慎重に行っていきましょう。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る