Google Adsence 「関連 興味 行動」ターゲティング広告 解除方法

Lens-girl
グーグルの広告であるAdsenseの行動ターゲティング広告に予期せぬ趣味などが表示されてしまって、顔面が凍りついてしまったのは私でだけではないですよね?
そういった広告に自分のクリック履歴や検索履歴などのデータを収集してほしくない人で、わざわざ興味もない検索でお茶を濁している哀しい人はいませんか?
今回は自分に関連する広告を解除する方法を見ていきます。

SPONSORED LINK

Google広告の管理で設定する

広告設定|Google 広告の管理
Googleの広告は、過去の検索履歴クリック履歴などから、
その人が興味のある分野の広告を表示させる機能である「インタレストベースの広告」がデフォルトでオンになっています。
google_optout
これを「オフ」にすることでGoogleアカウントと関連付けされた情報から解除できます。

でもよく考えてみると、自分に不要な広告だと本当に邪魔者に感じてしまうかもしれませんが、関連された広告には時として有益な情報もあると思いませんか?

一度オフにするとリセットが働いてしまうのであなたの「興味や関心」は削除されてしまいます。

それでもグーグル広告をオプトアウトしても大丈夫だという人は、
google_optout2
「オフに切り替え」を選択して終了です。

Yahoo広告の設定ページ

Yahoo! JAPANの配信する行動ターゲティング広告の無効化について
また、Yahooなどの大手広告にも似たような機能が利用されていますよね。
Yahoo 行動ターゲティング広告の無効化についてのページを開きます。
yahoo_optout
注意文を読んで大丈夫なようであれば「無効化する」をクリックします。
すると以下のように表示されて設定変更が完了します。
yahoo_optout2
これでYahoo広告についてもオプトアウトが完了しました。

ちなみに個人情報を守るときにはシュレッダーはさみがものすごく便利です。

まとめ

行動ターゲティング広告の設定はCookieを利用して管理されているものがほとんどですので、ブラウザの設定などでCookieの定期削除などを行っている場合には、毎回オンに戻ってしまうので注意が必要です。
でも今時Cookieがないと不便で仕方ないと思うのでそこまでしている人は少ないと思いますが。

楽天の広告に関連商品が表示されるのを避けるには「楽天の行動ターゲティング広告を解除する方法まとめ」をご覧ください。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る