電子書籍リーダー端末を比較してみた!おすすめの専用端末は?


電子書籍リーダー端末の比較です。電子書籍の端末は、通常のタブレット端末と違って書籍を読むために作られているので、長時間バッテリーや読みやすさなどのメリットがあります。

本が欲しいけど、置く場所がない人も少なくないのではないでしょうか?
本は何かと場所を取ってしまうのも本ですね。
そんな時こそ電子書籍の出番です。
もちろんスマホやタブレットでも電子書籍は読めますが、本を読むための専用端末には勝てません。
今回は電子書籍専用端末を比較して自分にピッタリの一台を探す旅に出ます。

SPONSORED LINK

Amazon Kindle


Amazonから発売される電子書籍リーダー端末です。
種類も豊富で、Kindle、Kindle Paperwhite、Kindle Paperwhite、Kindle Voyage、Kindle Oasis等のラインナップがあります。
何と言っても売れ筋はPaperwhiteで、まるで紙のように見える高精細なディスプレイを備えています。
目に優しい液晶は、目が疲れにくく明るさの調整も可能ですので、読書シーンを選ばずにどこでも楽しめます。
懸念されるのは太陽光の下での映り込みですが、まるで紙のような読み心地を実現しています。
電子端末で最も不自由な点は、バッテリーを充電しないといけない点ですが、Kindleは一度の充電で数週間利用可能な長時間バッテリーになっています。
本の保存容量はクラウド無制限に加えて、本体にも一般的な物ならば数千冊が収まります。

Kindleのおすすめポイント


とにかく電子書籍の数が豊富!
本の種類が豊富なKindleストアを利用できます。
Kindleストアで行われる日替わりのセールや、無料書籍も読むことができます。
また、電子書籍価格で、紙の本よりも安い価格設定になっている事がほとんどです。

Rankuten kobo


楽天から発売される電子書籍リーダー端末です。
端末の種類は、ハイグレードモデルのkobo aura ONE、高画質スタンダードのkobo glo HD、防水に対応したkobo aura H2O等のラインナップがあります。
紙と差のない読み心地を実現したkobo glo HDがメイン機種となっていて、フォントの変更や文字の大きさを自由に変更し、紙よりも一歩先の読書体験ができます。
解像度も電子書籍端末の中でもトップクラスで、300ppiを実現しています。
さらに、読書中に英和辞書を即座に開ける機能やWEB上の記事をストックできるpoketとの連携等、利便性の追求にも余念がありません。
180gという超軽量の端末は、小さな文庫本一冊程度になっています。
目への負担を抑える「ComfortLight」技術にも定評があるのは、子供にも嬉しい機能と言えます。

koboのおすすめポイント


とにかくポイントや割引がすごい!
楽天の強みでもあるポイントがkoboの電子書籍は特にお得になっていて、10倍20倍が当たり前になっています。
本の種類も他のサービスに引けを取っていません。
さらに日替わり等のクーポンの配布でさらに安く電子書籍を楽しめる事が最大の魅力です。

電子書籍の疑問点を解決しよう

いざ電子書籍リーダー端末を購入しようと思っても、どれを買えばいいのか悩んでしまうと思います。
さらに、選ぶ端末によってどんな違いがあるのかが心配になるかもしれません。
最後に電子書籍端末の疑問点を解決しておきましょう。

Kindleとkoboしか選択肢はないの?

SONYがReader端末から撤退し、現状ではKindleとkoboの二強状態となっています。
専用端末を発売しない電子書籍ストアでは、スマホやタブレットのアプリを利用する事ができます。

そもそも電子書籍端末の必要性は?

スマホでの読書は目が疲れる等の問題もあります。
電子書籍専用端末なら紙を見ているのと変わらない読み心地を実現できます。
次にバッテリー問題です。
スマホやタブレットで読書したくても残り少ないバッテリーが気になって読めないという事がなくなります。
専用端末なら一度の充電で数週間読書できるのも強みですね。

KoboでKindleストアは使えるの?

基本的には使えません。データにDRM、コピー防止の鍵がかかっていますので、他の端末では読めません。
でもKindleストアのDRMの削除と形式の変換を行うソフトが存在するのも事実ですね。
将来に渡って利用できる方法ではありませんので自己責任の範疇は越えられません。

KindleでKobo電子書籍ストアは使えるの?

基本的には使えません。こちらも上記と同じ理由で読むことはできませんが、形式の変換ソフトは存在します。
もしもKindleストアとkobo電子書籍ストアの両方を利用したい場合には二台用意する事をおすすめします。
本によって読み分ける事になりますが、薄型の端末なので困る場面も多くはありませんからね!

まとめ

電子書籍リーダー端末の比較でしたが、最終的におすすめな選び方なのは、各社のサービス利用頻度です。
楽天ポイントを貯めているなら楽天koboで間違いありません。
Amazonプライム会員ならKindleで色々なサービスが受けられます。
どっちも利用している人は二台持ちが結果的には捗りますね!

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る