Gmailで複数の差出人のフィルタで転送する方法


Gmailで特定の差出人のみを別のメールアドレスに転送するフィルタの作成方法です。
Gmailは高機能がゆえにちょっと難しいイメージですが、フィルタ自体はgoogle検索のテクニックの延長で応用可能なので、理解してしまうととても柔軟なフィルタが作成できるようになります。
今回は特定のメール(特定の差出人)のみを対象にフィルタを作ってみたいと思います。

SPONSORED LINK

Gmailのフィルタを作ってみる

Gmail_filters1

1、設定⇒フィルタ⇒新しいフィルタを作成

Gmail_filters2

2、差出人欄に「xxxx@xxxx.xx OR xxxx@xxxx.xx OR xxxx@xxxx.xx」の形式で指定。
今回はgoogle.comとyahoo.co.jpのドメインからのメール全てを指定してみます。

Gmail_filters3

3、転送するにチェックでアドレスを選択して完了です。

今回のフィルタ指定だと、今後届くメールで差出人が@gmail.comを含むか@yahoo.co.jpを含むメールのみ指定のメールアドレスに転送されるという意味になります。
差出人の部分で、ORで区切ることでいくつでも条件を追加できるので、かなり特殊なメールだけを引っ張り出すこともできますね。

そうですねー例えば、毎日くるメルマガのたまーに付いてくるクーポンだけ知りたい時!
差出人をメルマガの差出人にして件名の「クーポン付き!」という文章でフィルタしてみるのもいいかもしれません。

タブレットなどで受信するようにしておけば、自分だけのニュース端末の完成ですね。
いっそのこと部屋の片隅にニューススタンドは如何ですか?

まとめ

Gmailのフィルタを使いこなすと、本当に重要なメールや、自分の知りたい情報が埋もれてしまうことを避けることができます!
こういった柔軟な設定ができる部分からGmailが最強と言われているんですね。

最近作ったフィルタですごく便利だった物を紹介します。
楽天やアマゾンなどネットショッピングの注文確定メールだけをフォルダ分けしてみました。
すると自分の購買履歴が全て一括で管理できてしまうわけです。
ネットで買ったんだけど、どこで買った物が忘れてしまいがちなので作ってみたのですが、日付から追えるのでかなり重宝しています。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る