Googleアドセンスを間違えて自分でクリックしてしまった時の対処方法!


Googleアドセンスで自分で間違えて広告をクリックしてしまった場合の対処方法を調べてみました。
スマホやタブレットだとどうしても誤クリックが起きてしまいます。
自分のサイトデザインをいじっている時や、記事を徘徊している時に間違えてアドセンスをクリックしてしまった時は、まず深呼吸をして手の平に「ごめんなさい」という字を三回書きましょう。決して帳消しにはなりませんが。

SPONSORED LINK

グーグルアドセンスのガイドラインを読む

気持ちが落ち着いた状態でグーグルアドセンスのガイドラインを読んでみましょう。

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処 – アカウントを適正に運営する – AdSense ヘルプ

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

そうです。
グーグルアドセンスはとても優秀なので誤クリックの判別なんて一瞬なんでしょう。

ただし、誤クリックの頻発は不正クリックとなりますし「故意に自分の広告をクリックすることは認められません」とあるように、認められている行為では決してありません。

そして広告主に被害が及ぶような行為なので、Googleは不正クリックに対して厳しい措置を取ります。
誤クリックの頻発や誤クリックの長期的な継続はアカウント停止になっても文句は言えません。

自分で検索向けアドセンスを利用するのは?

これもグーグルアドセンスは推奨していません。なぜなのかそのアンサーを見てみましょう。

ご自身で検索される場合は、お客様のサイトの検索向け AdSense ボックスをご使用にならないことを強くおすすめします。検索向け AdSense のご利用は、ご自身の広告を誤ってクリックする危険性が高まるだけでなく、ページへのトラフィックがレポートに正しく反映されなくなります。

という注意がなされています。

つまりグーグルは誤クリックの可能性は否定していませんが、誤クリックを誘発するような操作は勧めてはいません。

自分のサイトを検索するような場合には直接Google検索を利用するようにナビゲートしています。

まとめ

紹介したグーグルアドセンスのガイドラインページでは、その他の注意点などについても詳しく解説してくれています。
アドセンス利用者は誤クリックだけでなく、その他のルールもきちんと熟知している必要がありますので、思い出したら確認してみるといいかもしれません。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る