インターネット広告用語「CVR,CPC,CPA,CTR,CPM」の意味まとめ


インターネット広告を利用していると、専門用語が飛び交いますが、実はとってもわかりやすくて瞬時に効果測定がわかる指標だったります。
今回はアドネット広告の用語として基本となるCVR,CPC,CPA,CTR,CPMについての意味を調べてみます。
利益に直結する部分なのでなんとなくの広告配信からの離脱を目指します。

SPONSORED LINK

アクション・クリック・単価の比率表示の用語と意味

CVRの意味

[Conversion Rate]の略です。
クリック中のアクション率 = アクション数 / クリック数 (%)
コンバージョン率のことで、広告などのクリック回数のうち、成果に繋がった割合を示します。
CVRが良いということは、クリックされた広告から登録や購入といったアクションまできちんと結びついているという意味になりますね。

CPCの意味

[Cost Per Click]の略です。
1クリックの料金 = アクション数 * 単価 / クリック数 (円)
クリックの料金のことで、1回のクリックに掛かる費用を示します。
例えばバナー広告を出稿している場合にどのバナーが最も費用対効果が高いかを一目瞭然に把握できます。

CPAの意味

[Cost Per Action]の略です。
1アクションの獲得単価 = アクション単価 (円)
ユーザー獲得単価のことで、購入や登録といった成果1件を獲得するのにかかる料金のことです。
CPCと合わせて確認することで本当に効率のよい顧客獲得コストの目安を割り出すことも可能になります。

CTRの意味

[Click Through Rate]の略です。
PVからのクリック率 = クリック数 / PV数 (%)
広告がクリックされる割合のことで、もっとも基本的な費用対効果を計測できる指標です。
ユーザーや顧客の目にとまる広告であることが効果にも直結することを考えると、CTRの重要性がよくわかります。
ただし、CTRが広告そのもののデザイン等に大きく左右されるのも特徴です。

CPMの意味

[Cost Per Mille]の略です。
1000PVのコスト = クリック単価 * クリック数 * 1000 / PV数 (円)
配信単価の種類の一つです。掲載料の課金方式で一般的に用いられる指標となっています。
効果などが未知数の広告に対して、まずインプレッション(PV)回数で課金をしていく方式となります。

こうした数値などを見ると頭痛がする人も多いと思いますが、ちょっとしたテコ入れが大きく効果を変えることもあります。まさに経済の流れと同じですね。

まとめ

ネット広告の用語としてよく利用されるものを抜粋しました。わかってしまうと簡単に効果が明確化できるので、無駄なコストや効率的な広告の配信を行うことができそうです。
ビックリするのは、広告の設置場所をほんの少し変えただけでも上記の指標がガラっと変わってしますことですね。

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK

コメント

  1. JAY-G より:

    参考にさせていただきました。
    今後もまた参考にさせていただければ幸いです。
    よろしくお願いします。

トップへ戻る