iQOS(アイコス)が6分もたない&14回吸えない時の原因と対処方法!


IQOS(アイコス)フィリップモリスジャパン
iQOSは「約6分間の使用」もしくは「14回吸引」で一本終了するシステムになっていますが、いつも通り利用しているにも関わらず、突然いつもより早く終了する現象が起きる時があります。

今回はiQOS(アイコス)が6分もたない時、14回吸えないという「使用時間が短い」時の原因と対処方法を調べてみたいと思います。カスタマーセンターの方から直伝の方法なので、これでダメなら交換か修理を検討してみて下さい!

SPONSORED LINK

iQOS(アイコス)をリセットしてみる


まずは何はともあれアイコス本体にアイコスホルダーをセットして、リセットをしてみます。iQOSとiQOS2.4で操作方法が若干違うので確認して下さい。

iQOS製品のリセット方法
iQOS:クリーニングボタンと電源ボタンを同時に約3秒押します。
iQOS2.4:リセットボタンと電源ボタンの同時押しです。

この方法だけで使用時間が短いエラーが直ってしまう事もあるようですが、私の場合はエラー現象は直りませんでした。

空焚きしてみる


次に、ヒートスティックを使わずに空焚きをしてみます。これでもしも約6分もった場合には、アイコスホルダーの異常ではなく別の原因で吸い時間が短くなっている事がわかります。

この時にタイマーを用意して空焚き実験を行ったのですが、本当に約6分間緑の点灯ができていたので、ホルダーの故障ではない可能性が大きくなりました。

もしもこの時に6分もたなかった場合には故障や寿命が原因と考えられるので
お問い合わせ | IQOS(アイコス)
に連絡しましょう。

アイコスホルダーを掃除してみる


次にアイコスホルダーの掃除をしてみます。まずはブレードについた汚れを落とします。こちらもiQOSとiQOS2.4で操作方法が若干違うので確認して下さい。

iQOS製品のブレードクリーニング方法
iQOS:クリーニングボタンの長押し
iQOS2.4:クリーニング機能なし

iQOS2.4のホルダーはクリーニング不要のコーティングがあるので、加熱クリーニングはそもそも存在しないようです。今回検証のホルダーは旧型なのでクリーニングを2回繰り返し行なって、残ったゴミを焼き切りました

私は純正品の清掃具が手元になかったので、極細の綿棒を利用して細かい部分の掃除に利用しました。

アイコスキャップを掃除してみる


実はとても重要なのがアイコスキャップの掃除です。アイコスは構造上、キャップの隙間から空気を取り入れていますが、汚れで目詰まりすると十分な空気が供給されません。

すると、高温エラーが原因になってしまうので「6分もたない」や「14回吸えない」という現象が起きてしまいます。

キャップ部分のみは水洗いできるので、チマチマ掃除をせずに思い切り洗ってしまいましょう。

ヒートスティックを深く挿しすぎている


次に、アイコスにヒートスティックを深く挿しすぎている場合も、キャップの理論と同じで空気の通りが制限される可能性があります。

特にヒートスティックは個体差が大きく、買う時期や店舗でタバコ葉の詰まり具合が変わる事もあります。タバコ葉の密度が高いヒートスティックを深く挿してしまうとすぐに高温になってしまうので、高温エラーになりやすくなります。

私の場合はここまでの対処方法で正常動作させる事ができました!

吸い方を改善する

最後にカスタマーセンターから指摘されたのは、アイコスの吸い方が強すぎる可能性があるという事です。これは、急激な温度上昇になってしまうことで通常の吸引カウント前に終了してしまう事があるといった内容でした。

たしかにアイコスに慣れた頃から挿す時も深めで吸引も無意識に強くなってきていたと思うので、どうしても改善しない場合には少しだけ意識してゆっくり吸ってみると良いかもしれません。

アイコスを長期的に使っていて気付いたのは、気候にも大きく左右される精密機械だという事です。冬は寒さで異常終了する事もありますし、夏場では高温で異常終了する事もあります。

つまり、アイコスは温度に敏感だという事です。

ここまでやってもダメな場合

残念ですが、アイコスは消耗品なので、寿命の可能性が高いです。自力で直す事はもう不可能なので お問い合わせ | IQOS(アイコス)に連絡しましょう。

アイコスの保証期間内ならば交換してもらえる可能性が高いので、アイコスホルダーに記載されている型番などの情報を用意してから連絡すると良いかもしれません。

まとめ

私は先日からiQOSと併用してタールゼロのたばこを併用しているのですが、アイコスの出番が減ったせいで汚れが定着する速度が早まってしまったと考えています。吸った直後の方が汚れは落ちやすいですので。

iQOS(アイコス)で14回吸えない理由と6分間もたない理由から、原因を調べてみると、アイコスは機械製品なのでややデリケートな部分も見えてきました。それと同時にきちんとしたメンテナンスを行う事の重要性もわかりました。

使用時間が短いと気付くと、故障と思ってしまうかもしれませんが、一度は今回の方法を試してみると幸せになれるかもしれません!

今日も知識欲は止まらない。

SPONSORED LINK
トップへ戻る